ひとたびマーケットの内部に飛び込んでしまうと

いよいよ仕かける時という場合には始めに事前対策をサボってはいけません。

トレードを行う前であるとすれば、その物を合理的に見ることが可能です。

だけれども、ひとたびマーケットの内部に飛び込んでしまうと、考え方が自分勝手なものになる事が多く時として冷静な考え方が出来なくなる。

可能性があります。

だから自分のメンタルが落ち着いているうちに、事前準備をしておくことが大事です。

”事前準備”するためには、まずはあなたの脚本を作る事からスタートする。

今後の為替相場は上がる(または下がる)から、米ドルを取引するというふうに、自分だけの物語を描いていきます。

その次は日足チャートを見ましょう。

これまでのマーケットの推移を調べて現在の相場をチェックします。

そうしたら、「現時点ではかなり行き過ぎた状況だ」とか、あるいは「とっくに大多数の投資家の方々が買い(あるいは売り)に動いているからこれから自分かしかけてもすでに手遅れだな」ということが分かってきます。

もちろん今さら売り(または買い)するがやりようがないと思ったならばエントリーしないで、それはきっぱりと吹っ切ることが必要です。

どうあがいても自分自身の筋書きを貫いて、無理やり新しく注文すると、市場にやられて損をすることになる危険があります。

もっとも多くの場面で、緻密な自らのストーリー展開を考えていれば買い(または売り)が遅すぎるという具合にはならないと考えます。

おそらく、具体的に相場が動意する前の状態のはずだからです。

次に、まずは自らが取引しようとする売買ポジションの変動を、ちゃんと調べる事が必要です。

ドル高に向うだろうという脚本を書いたのであればその外貨の動きに注目する事が大切です。

外国為替相場の上下動を確認し始めた状態では、まだ大きく推移する兆しを見せることなく、上や下に細かい動きを繰り返しているだけだろう。

だが、その推移をじっと確認しているとある位置でじわじわと円安へと外国為替相場が動き始めてくる。

ここでようやくドルの注文をします。

通常、これだけ緻密に事前準備を進めておけば、その売り買いで勝てる率は比較的高まるはずだ。

Link

Copyright © 1996 www.chinadecoder.com All Rights Reserved.