円を売る(あるいは買う)といった

やっと開始する時という状況では始めに事前準備をしなくてはいけません。

トレードを行う前であるとすれば場面を理性的に見ることができる余裕があります。

ところが、ひとたびトレードの内側に深入りすると、どうしても受け取り方が自分勝手なものになりがちで時々真っ当な見方ができなくなるリスクを負います。

だからこそ自分自身の頭が落ち着いている段階で間違いない準備を進めておくことが大切なのだ。

その”準備”のためには始めに自分なりの脚本を書くことから開始します。

将来のこの通貨はこうなってああなるから、円を売る(あるいは買う)といった、自分だけの脚本を書いていきます。

その次は日足チャートをチェックしよう。

それまでの相場の上がり下がりチェックして、今日の値段を確認します。

そうすれば、「現在はだいぶ低い状態にあるな」など、それとも「大勢の投資家が買い(あるいは売り)に動いているから、今さらエントリーしてももうなすすべがない」ということが納得できます。

当然ですが今さら買い(または売り)するのが遅いと思っていたらエントリーしないで、この場面ではきっぱりと吹っ切ることが重要です。

どうしても自らのシナリオを貫いて、強引に注文すると、市場に跳ね返されてしまいむしろ損害を受けることになる可能性があります。

とは言っても多くのケースで準備が出来ている物語を思い描いているとすれば、エントリーが遅すぎるという具合にはなりません。

現実に外国為替市場が変化する前の状況のはずです。

続いては、とりあえずは取引しようと思っている通貨の変化を、チェックすることが肝心。

仮にドル高に向うと予想する脚本を記したのであればドルの推移に注目する事が大切です。

市場の変化をチェックし始めた状況では、まだまだドル円は誰の眼にも明らかに変動する素振りを見せることはなくちょっとした上げ下げを繰り返しているだけだろう。

しかしながら、その上下動を正確にチェックしているとある状況で少しずつ円安の方向へと動き始めます。

この状況でようやく、ドルの取引します。

通常、これだけ十分に用意をすればそのトレードで稼げる率は結構高くなります。

Link

Copyright © 1996 www.chinadecoder.com All Rights Reserved.